非常時の備えとなる消防用設備は消防法により規定された防災設備が設置されています。
一般的に消化器などの消火設備をはじめ自動火災報知器、避難はしごなど、様々なものがありますが、
いざと言うときに使用できなければ意味を成さないどころか、人命にも関わってきます。
定期的なチェックやテストを行うことで、このような事態を避ける事ができます。
万が一の事態に備えることが重要となってきます。

建物管理業務一覧
警備複合装置

警 備 複 合 装 置

火災時や設備の異常を感知し発報するシステムは防災センターや管理室に配置され迅速に対応するために欠かせない設備です。

警備複合装置

煙・火災感知器

熱によって警報を発するタイプと、煙によって警報を発するタイプの二種類が代表的です。熱感知器と煙感知器に分類されます。

警備複合装置

避難ハッチ(ベランダ)

ハッチが腐食して居住者が踏み抜いて転落した事故があります。点検時に修理や交換時期のアドバイスも致します。

誘導表示(誘導灯・避難階段)

誘導表示(誘導灯・避難階段)

バッテリーや電球が切れていると避難時に大混乱を招きます。定期的なチェックを行います。

排煙設備

排煙設備

機械排煙・自然排煙・加圧排煙などがあります。正常に動作しているかチェックをおこないます。

ポンプ設備

ポンプ設備

給排水各ポンプの運転稼働状況及び表示板との接続点検を行います。

発電機設備(非常用)

発電機設備(非常用)

消防用設備への電力供給が途絶えた際、停電によるパニック状態を引き起こさない為確実に作動して人命及び財産の安全確保につなげなければなりません。

消火栓(館内・駐車場)

消火栓(館内・駐車場)

●手持ち消化器の有効期間チェック
同、規定内設置箇所の有無点検
●館内設置消火栓、スプリンクラー、駐車場炭酸ガスボンベ内容量及び設置点検。
●手持ち消化器の有効期間のチェック。
●規定内設置箇所有無点検。